ローンを利用して土地を新しく購入する時には

新しく家を建てる時には、土地を買って、その土地に家を建てるというパターンが多いようです。

家が建つほどの土地となれば高額になりますから、即金でポンと支払うことはまず無理な話です。

住宅ローンは、家を買う時に組むローンです。

同様に、土地だけを買っておきたいという時にも、ローンで購入することが可能です。

もちろん土地だけを購入して、家をすぐには建てる予定はないという場合でも、土地購入のためのローンを組むことができます。

土地を買うためにローンの申し込みをする場合、いずれ家を建てる予定があったとしても、住宅ローンを使うことはできません。

つまり、土地購入する際には土地先行融資、もしくはつなぎ融資というローンを利用することになります。

住宅ローンとは違う扱いになりますので、その点は把握しておきましょう。

土地先行融資を受けて土地を買っておき、しばらく後になってから家を建てたいということになれば、住宅ローンを組んで、それまでの融資と一本化できます。

住宅ローンのほうが低金利で貸付条件がいいことが多いため、土地を確保してから家を建てるまでの時間はあまり間をあけないほうが金銭的にはお得です。

また金融機関によっては、土地だけの購入でローンを組むことを嫌がるところもあるようです。

土地を買ってから、家を建てるまでの期間に上限が設定されていることもありますので、調べておくといいでしょう。

必ずしも住宅と一緒でなくてもローンは利用可能ですが、後の住宅ローンのことも考慮した上で、土地購入に踏み切ることをおすすめします。