土地や建物を担保にして借りる不動産担保ローンとは

お金が入り用になった時には、カードローンやキャッシングで融資を受けるという方法があります。

保証人や担保がない状態では、個人での借り入れは500万円くらいが限度です。

状況によっては、500万円以上の借り入れが必要になることもあるでしょう。

保証人になってくれる人を見つけることで、借入額の増額が見込めます。

保証人とは、何か不測の事態が生じるなどして返済が行き詰まった時に、返済を受け継いでくれる人です。

保証人を見つけるのが難しい場合には、不動産を担保とすることで、高額の借り入れが可能になります。

返済が滞った時には担保に指定した不動産を売却して返済資金にするという取り決めです。

担保に不動産を用いることを不動産担保ローンといい、大口の融資をうけたい人の多くが利用しています。

取り決め通りに返済ができれば何も問題はありませんが、返済ができない時は不動産の売却が求められます。

金融会社に不動産担保ローンの手続きを行うと、申し込み者の返済能力だけでなく、土地や建物の価格評価、土地の利用制限なども審査の対象になります。

不動産の評価額が、審査の結果あまり高くなった時は、金融会社が貸し付けOKとする金額が高くなりません。

ただし不動産担保ローンは低金利であり、返済がしやすいため、きちんと返済して行けば、土地や建物を手放す必要はありません。