下半身ダイエットの妨げになる歩き方とは

レッグラインをきれいに見せるハイヒールが原因で、下半身ダイエットが滞っている可能性があります。

立ち姿が前側に寄っている場合、それが高いヒールのせいということがあります。

体が前傾をすると内また気味になりバランスが崩れ、バランスを取るために太ももの付け根や前側、脚の外側などに負荷がかかります。

本来使わなくてもよい筋肉を使うことになり、筋肉で下半身が太くなってしまうのです。

また、お尻の筋肉はあまり使わなくなるので、お尻は垂れた状態になります。

身体の筋肉をどう使い、どの部分を鍛えていくかによって、下半身を引き締めるダイエットが成功するかが決まります。

下半身ダイエットをするならは、重心の位置がずれやすいハイヒールを履いて歩く機会は減らしたほうがいいでしょう。

下半身ダイエットのためには、姿勢を矯正して、常に重心の位置をチェックしましょう。

前傾姿勢にならないように骨盤を立てて、背筋を伸ばすことを意識して歩きましょう。

よい姿勢で歩くためには靴の選択も重要で、歩くときに適しているのはウォーキングシューズやランニングシューズです。

歩きやすい靴を履くことで本来つかなくてもよい部位に筋肉がつくことを防ぐことにつながります。

足の形に合う靴を選び、姿勢に気をつけてウォーキングをすることが下半身ダイエットには効果的です。

ホットヨガならもっと下っ腹の下半身ダイエットには効果的